スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.11.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ポルトガル-リスボン「泥棒市」第4ラウンド

    0

      初回から3回までは、理想の店舗をイメージして店舗作りをしてきましたが、

      3回目終了後に搬入の車が利用できなくなり、

      ひとりで持ち運べる荷物だけで勝負する4回目を迎えることになりました。

      理想の店舗というより、ひとりで回せる最低限の店舗作りです。

       

      ■荷物をコンパクトにする

      【1】前日準備【2】一人で搬送【3】現地到着  ...まで

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      【1】前日の荷物準備。
      今期、ダンボールバネルは必須。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      【2】現地到着。
      車到着を待つことなく自分のペースで到着。8時前
      手前が荷物です。
      この教会裏が会場です。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      【3】ところが私の場所の他人が店開いてるよぉぉぉ
      運転手さんいないので、私一人で交渉...
      っていうか、すぐにどいてくれたけど。
      そもそも、こういうゴミの陳列みたいな悲しい店も多く、
      自分もその仲間のような気持ちになるとすさみます。

       

      ■今日の店構え

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      パラソルを立てるベースが重すぎて持ってこれないので、
      スーツケースは赤い布で隠してあるスーツケースに斜めに立てかけました。
      「Sachi-T-Shirts-Studio」の札さげて、ディスプレイにはなるけど、
      曇りがちな1日だったので、しのげましたが...日よけにはならない。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      パノラマ写真なので、ちょっとゆがんでます。
      台形の敷地にVの字にTシャツを並べました。
      このTシャツを並べてある寝ゴザは、3日前に偶然「1€ショップ」で見つけました。

      今期のディスプレイはダンボールをイメージしているので、
      色調的にもマッチしていて、サイズが丁度よく、軽くて持ち運びしやすく、
      何より安い!!  投資を少なくしてデザイン力で効果をあげる!!
      これもモットーの一つです。

      他の店が地面に直接ものを置いてるので、
      顧客の視線の流れ的にも地面に直接並べる方が目に入りやすい様子。

       

      ■ハプニング

       

      本日の最大のハプニングは
      今日のブログの2番目の写真...黒の手提げ袋に入れていた墨汁の瓶の蓋が完全のしまってなかったらしく...
      全部こぼれ出ていて、気付かずに取り出して、服も手も墨だらけ...いやぁぁぁ 意気消沈、凹みました。

      服の墨がとれないどころか...手が墨でおおわれていたら、何もできない...

      一人で来てるので、水場に手を洗いにいけないんですぅぅぅぅ 現場を容易に離れなりないんです。
      凍らせていた飲み水の周りの水滴をトイレットペーパー(なので溶けがち...)に付けて手をふいてみても、水が足りない...

      1日を生き抜くためにも飲み水を使い切るわけにもいかない...

      そこで私のやったことは、自分の唾をつけて手を拭くことです。the サバイバル!!

       

      ■画家する

       

      なんとか「手が墨でおおわれてる」風から脱し( ちゃんと洗ってないので、指のシワやら爪の中は真っ黒... 涙)

      どうにか気をとりなおして... 今日、挑戦しようと思っていた戸外で「画家する」ことをトライ。

      これが思いの外、楽しかった!!!

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      ほらね。こんなにズボンを汚してしまいました...
      これも画家のコスチュームとしては有効かな?
      と、前向きな私。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      ピンクの椅子に座って、ここでちょこちょこ描いてます

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      イーゼルの下に描いたものを次々下げてみました。
      たのしい!!

       


      書道用の墨と筆で、下書きなく直接描く。
      その時、頭に浮かぶ画像が、そのまますぐに作品になる。これが、ものすごく楽しいのです。

      こんなふうに下書きなく、サラサラと描ける人っていないんじゃないの? 

      と、自分の才能に感動してしまうんだけど...   結構、いるのかしら...

       

      アートは結果。最後に仕上がったものが鑑賞の対象なのだから、

      下書きしなかったとか、すぐに描けたなんていう能力は、評価の対象にはならないでしょうねぇぇぇ

      それを「売り」にしたいのなら、パフォーマンスとして見せるか、量産するかです。

       

      ■本日終了

       

      午後になって、風かふいて、イーゼルが倒れること数回。結局、このイーゼルも取りやめて地面に並べました。

      イーゼルは画家アイテムなので使いたかったのだけど、初回の段ボールバタバタ倒れるハプニングを考えたら不要かも。

       

       

      結果的に、4回やって、今日が一番売れました。(...3枚なんだけど)

      《前回と違った点》

      • 商品を(多くの店のように)地面の高さに並べてみた
      1. 他の店が地面に直接ものを置いてるので、顧客の視線の流れ的にも地面に直接並べる方が目に入りやすかった?
      • 現場で絵を描いてみた
      1. これらの商品が、私の作品であることが伝わった? それまでは、どこかの商品を並べてるだけに見えたかも!? 初めて、あなたがデザインしたの? と聞かれた
      2. 通る人たちが絵を描いているのを覗き込む流れで、Tシャツを見入ることになった?
      3. 私が楽しく「お店してる」ことで良い「気」が流れてた?  (...というような非科学的な発想は持ちたくないんだけど)
      • もっと小さいサイズが欲しい客がいた
      1. 前回までは大きいサイズが欲しい客ばかりだったのに、今日は小さいサイズが欲しい人ばかりだった。
      2. どうも、子供向けに可愛い感じがするらしい。親戚の子供の土産にしたいとか、子供に着せたいとかいうことだった。
      3. 全デザイン、全サイズ揃えたら、それこそ、こんなスペースではおさまらない!! ここで出来ることはなんだろう?

       

      結局、その時々に色々な客が来るわけで、

      今日がこうだったから、別の日に同じことして同じ結果になるとも限らない。

      次はどうやって、どうなるのか...

      以上「泥棒市」第4ラウンド、反省会でした。

       

      ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

      JUGEMテーマ:海外進出


      日本人は頭がいい!?

      0

        自分がやろうとしていることを整理する目的もあって、

        リスボンで手伝っているCafeのサイトを頼まれもしないのにちょろっと作った時、

        「日本人は頭がいいから、こういうのさらっと作っちゃうんだよねぇ」

        ...というようなことをバングラデシュ人に言われました。

         

        誰でも簡単に作れる無料サイトを使っただけなので、

        頭がいいとかなんとかいう話でもないのだけど、

        ネットには日本語での情報がかなり豊富にあって、日本人には有利だなと思うことはある。

         

        リスボンで手伝っているCafeの値札...

        20セントなんだけど、一律ユーロ表示にしたいのとスペースの問題から「€0.2」と表記したら、

        ポルトガル人は教養がないから「0.2」が「0.20」と同じであることが理解できないので、

        わかるように描きなおてくれと言われました。

        「0.2」が「0.20」と同じであることにも、特別な教養とも思えないのだけど、

        日本人の大人で、これが理解できない人ってまずいないかもしれません。

         

        Tシャツを作り始めた時、そのインクは洗っても消えないのかと聞かれたことがありました。

        Tシャツを作って売ろうとしているのに、そんなインクで作るわけがないと思いませんか?

        ところが...

        先日買ったビーチサンダル。3日履いてたら、足の部分の柄が消えてなくなりました。(写真)

        たった3日で、この状態です。

         

        ポルトガル製品

         

        ポルトガル語、英語、ヒンディー語、ベンガル語、中国語...にさらされてる毎日。

        しかし言語習得より創作的なものを優先している私...  言葉を覚えろと時々言われてます。

        ところが、日本で生活したことのあるネパール人のMさんだけが、

        「日本人は、日本語だけできればいいんだよ、それだけで生活できる、日本は強い国だから」という。

         

        海外において日本人であることが有利なのか不利なのか...

        言葉が完全に理解しあえる状況になった時、

        逆に理解し合えないものがあることが明確になるような気もします。

         

        ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

        JUGEMテーマ:海外進出


        ポルトガル-リスボン「泥棒市」第3ラウンド

        0

          前日にやったのは、相変わらずのダンボールいじり...

          起業する人が、何度も「事業計画書」を書き直すという話をきくことがあるけど、

          自分としては、商品販売をどうするかをダンボールいじりなおしながら考えてる...ような感じ。

           

          第1ラウンド ...「自己紹介バネル」

          第2ラウンド ...観光客向けの店を作りたいという「店舗イメージの看板バネル」

          第3ラウンド ...ブランドテーマ「 In your life, Curiosity and Love.」入りバネルなど。...を、描いてみてる

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

          前日の準備風景。
          たてかけてある白地にロゴマークは、前回の渡葡時に作ったもの。
          前回はデザインを練ってから書いたけど、今回は思うがままに直接つらつら描いている。
          このスタイルでいくとなったら、ちゃんと書き直そうかと思っているだが...

           

          これらで、当日作った店構えが、こんな感じ...

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

           

          初回の雑然とした店構えより、随分まとまって、それらしくなった!! 

          ...のだが、今日が一番反応が悪く、しかも何ひとつ売れなかった !!!

          ここにきて、商売とはなんぞや!? です。

           

          二番目の店の写真の左隅にもちらっと写っている、となりの店ではタイルの破片(?)を売っている。

          これが...何枚も売れている。2枚で1ユーロ(130円程度)...これを10枚ぐらい買う人がいる。

          私のTシャツが10ユーロ(1300円)ときいて、高くて目を驚く人もいるというのに、

          何に使うかわからないような破片に何ユーロも出すなんて...

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

          左に見えますのが私の足でございます。店内に座っていると、隣のタイルが自然に目に入るわけです。

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

          サングラスをした、おしゃれ風な女性が、
          私のTシャツには見向きもせず、このタイルを買っていくのです。
          覗くのも女性、買うのも女性。わりと綺麗風な人が買います。

           

          ...タイル集めが、流行ってる...としか思えない。

          こんな別々ながらの大きさも違うようなタイルが数枚あったところで、使い道がない。

          そんな生活に関係ないものなので、ちょっとリッチ風なおしゃれ風な人しか買わない?

          ヨーロッパは日本のように流行ってるから全員がやりだす なんてことしないと思ってたのに、

          流行ってるから買ってるんだとしたら、ちょっとガッカリ。

           

          私の店舗の外見がまとまったことにより「この店なんの店?」ということがなくなり、

          一目瞭然でTシャツ売ってるのがわかって、スルーされてる気もするのです。

          何か掘り出し物を探そうとする人達がくるのが、この「泥棒市」なんだとしたら、

          ここでTシャツ屋を展開することが間違ってる?

           

          いやいや観光客もフラフラくるわけですし...

          今日ももっと大きなサイズはないのかと男性にきかれたのだから、買ってもいいと思う人はきているはずなのです。

          そういえば... いつも買おうとするのは男性でした...

          そういえば...  女性でTシャツ着てる人って、まずいない... 多くの男性がTシャツしか着てない...

          なのにデザインは比較的、女性向けかも...  

          「泥棒市」の出店で、色々なことをさぐっていきましょう!!!

           

          さて、悲しいお知らせです。搬入用に使っていた「Sachi-Studio」CAR が、

          本日、現場からもどるさいに故障により動かなくなり...次回の搬入には使えないことになりました。

          (つうか廃車かも...)

          ちょっと「画家」の原点にもどり小荷物でやってみようかと思ったりもしていたので、

          次回はその方向かも...

           

          泥棒市(Feira da Ladra)

          彼女、先月もここで、このスタイルで絵を売ってました。
          基本的には、こういうことがしてみたいですねぇぇぇ。
          ...次回は、この感じ!?

           

           

          ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

          JUGEMテーマ:海外進出


          ポルトガル-リスボン「泥棒市」第2ラウンド

          0

            初回の段ボールバネルがバタバタ倒れてしまった件について、どうしたものかと考えまして...

            どおしたら倒れないのか、どんな重石を使えばいいのか、それはコンパクトに運べるのか、お金いくらかかるのか...

            パラソルをたてるときのベースは、本当に重くてしっかりしていて、

            あれがいくつもあればいいのではないかと思い巡らせたところで、

            あのたった一つあるパラソルのベースを利用すればいいのではないかという結論に達しました。

            バラソルにつなげるようにパネルを配置すればいいのです!!

             

            私としては「コロンブスの卵」並みの大発見なんですけど、

            書き出してみると「コロンブスの卵」を聞かされた時みたいにたいしたことない普通の話ですね。

             

            泥棒市(Feira da Ladra)

            前日のパネル準備風景。

            今回は商品並べるので値札も準備。
            この金額が妥当なのか不明。
            しかしこの英語「ALL」の使い方が間違っていたことは当日判明。

             

            パネルをせっせと作っていると「それ、売るつもりなの?」と言われてしまっております。

            ある意味、あれを売るつもりなのです。あのパネルで伝わる個性を売るつもりなのです。

            これが、こっちで「ビジネス=金儲け」している人達にはなかなか伝わらない...

            この泥棒市出店では、その販売スタイルの構築を目指しております。

             

            泥棒市(Feira da Ladra)

            当日の準備風景。
            パネルはもちろん倒れることはなかった。
            (写真では見れないけど、パネルは背後に続いています。)

            炎天下でTシャツ並べるのが真夏の運動部活状態。
            この後整備したものの、まだまだイメージしている状況には達せず。
            店の準備の段取りも悪い。

             

            前回から今回にかけて、商品のセレクトをして今回はメイン商品のTシャツを並べました。

            こちらで仕入れたTシャツが少し大きめだったので、ミドルサイズとして「S」商品だけを用意していたら、

            買いに来た客が、皆太っていて、サイズが合わない...  たまたまあったMサイズが1枚だけ売れました。

            苦労話の第一話は、そんなところでしょうか。

             

            「泥棒市」の空気にあわせて(?) 売れるものならなんでも売っておこうと

            あるものなんでも並べてみましたが、次回から、それはやめようかと思います。

            販売スタイルの構築...ぶれずに頑張りましょう!!

             

            ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

            JUGEMテーマ:海外進出

             


            ポルトガル・リスボンにて「泥棒市」初出店

            0

              ポルトガル・リスボンにて「泥棒市」初出店する。

              アーティストが作品発表の場のように出店していることもあるけれど、

              リスボンの観光名所「泥棒市」の大半の店が

              何か大量にものを集めて、売りさばこうとしているように見える。その流れには飲まれたくない。

               

              この出店で私が最初に手にしたい状況は、

              ステップ(1)自分がどういう者として、どういう物を、どういう形で提供するのかということを自分の中で明確にすること。

              ステップ(2)それが効果的に伝わるような店の基本体裁を作ること。

              ステップ(3)商品の制作販売過程を効率よく回す形をつくること

              ステップ(4)そこまでやって、物が売れないとなったら、商品を作り直していくこと。

              ステップ(5)店員として店にいるのではなく画家として描く姿を人に見せていくこと。

               

              初回はとにかく(1)と(2)あたりのベースラインを見積れればいいと思っていたのですが、

              まぁ、色々精神的にはきますし、炎天下の下での長期活動に体力的にまいりました。

              精神的にまいったのは、案の定、車の到着が遅く、

              現地に到着すると自分の場所に隣の店が商品がっつり並べてたところから始まりましたねぇぇぇ

              ポルトガル語しかわからないおじさんに、

              ここは私の場所だと説明したり、時間が遅いから広げたんだと言い返されたり...

               

              初回の無残な店の模様を、包み隠さず見せちゃいましょ。

               

              1)自分がどういう者として、どういう物を、どういう形で提供するのかということを自分の中で明確にすること。

              ...を目的とし、ダンボールが大量に手に入ることと、ポルトガルでダンボールに絵を描くことを始めたことと、
              なにより目立つ!のではないかということで、自己紹介や商品紹介のパネルをダンボールで準備。

              事務所でセッティングなどして様子はみたものの、それをどう配置するは現地で考えようかとバラバラのパネルを持ち込むと...

               

              泥棒市(Feira da Ladra)

               

               

              なんと現地は坂になっていて不安定な上 (現地に敷地の大きさを確認したものの、坂道ぐあいまでよくわかってなかった...) 

              強めの風が吹くと、パネルがバタバタと倒れて収拾がつかない...

              仕方がないのでとっぱらうと...

               

              泥棒市(Feira da Ladra)

               

              なんだか個性のない、主張のない店になり...  今日のステップ(1)の基盤が自分の中で感じられなくなる...  

              のでステップ(2)それが効果的に伝わるような店の基本体裁を作ること。のステップに進む気にならない。

               

              ステップ(2)での具体的な方法てしては、商品を見栄えよく配置することなど...

              メイン商品はTシャツなのだけど、ステップ(1)なくして、

              やみくもに並べて、商品を劣化させたくないので、ほとんどTシャツは並べず、

              「描いてみたもの」も少し並べて売れたらと思っていたので、それは少しおいてみたものの、

              「描いてみたもの」は商品レベルに体裁されていないので、商品の乏しい作ってみたものを数点並べてるだけの店構えになった。

               

              それでも、何人かは見ていくし、値段をきいてきたりもするけど、

              「何か大量にものを集めて、売りさばこうとしている人たち」みたいに

              「安くしておくけど、買っていかない?」なんて声かけもしたくないし、

              今日は誰も買わないならその方がよいと...体力的に疲れ果てたところで店しまい。

               

              ...というか、2時3時になると、店じまいし始める人が出てるのです。ピークは昼すぎぐらいまでなのでしょうか。

              そのうち、その手の状況も把握したいと思うところです。

               

              泥棒市(Feira da Ladra)

              店じまいの途中の写真、この写真を見ると自分の混乱状況が思い出されます。
              向かいの店はすっかり片付いていなくなってる。
              午後3時すぎに撮った写真です。

               

              初日なんてそんなものですよと、車の運転手に励まされての帰還。今年の挑戦はあと16回です。

               

              ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

              JUGEMテーマ:海外進出


              W杯 決勝トーナメント...日本の試合

              0

                個人的にはものすごく忙しい1日で、

                その時も、店の地下で明日の準備中てそれどこじゃない状況だったけど、

                W杯トーナメント...日本の試合が始まって、店から大声で呼ばれてしまった。

                 

                ワールドカップ2018/ロシアW杯


                Egg,Eggと自虐する日本人の私。
                飢餓状態でポルトガル生活してる私としては
                目玉焼きにしか見えなかった。

                 

                毎日のように店でW杯見てるのに、この大事な1戦だけ見なかったなんていうのは

                確かに悲しい。

                そして日本の試合を流すスポーツカフェに日本人がいなかったら、店としても全然面白くない。

                ここは店に出てみるしかあるまい。

                 

                実のところは、ついついビールがすすみ酔っ払ってただけなのかもしれないけど、

                日本が先制点2点をとったときには、大声で通りに向かって「ゴーロ!!(ゴールのこと)」と雄叫びをあげ、

                通りを歩いていたポルトガル人が驚いて店に入って来て、ハイタッチ!!!

                 

                とこが、後半押され気味になり、同点においつき...

                ...そんな時に外をあるくブラジル人が、この日本の前の試合で勝ったプラジルもんで、

                雄叫びあげて店の前を通り過ぎていくよ。

                おい、こっちは試合中の正念場だぞってんで「空気よめよぉぉぉお」と独り言をいう日本人の私。

                 

                結果は残念、逆転負け。しかし、本当に最後の最後に逆転ゴールをきめられた時は、

                すごいことがあるもんだと、劇的ゲームに感動している自分もいるのでした。

                 

                さて、明日の準備!!

                 

                ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!


                W杯 決勝トーナメントはじまる!!

                0

                  ポルトガル入りするまで、今年W杯があるなんて知らなかった。

                  出入りしているcafeはスボーツカフェ化していて、年中サッカーの試合を流しているし...

                  気づいた時にはW杯が始まってて、ポルトガルも日本も決勝トーナメントに残ったところで、

                  トーナメント表を作って、店の前にさげてみた。

                   

                  w杯トーナメント表

                  サッカーTシャツを作ってたことを思い出して展示

                   

                  町中にスボーツカフェがあるのに、こういうのかがけている所は見たことない。

                  「私のアイデアいいんじゃなぁぁぁぁい?」なんて気持ちに、なったりもするんだけどさぁ。

                  そう思ったポルトガル人がいるんだかどうなんだか。。。。。

                  なにせ感覚が違ってて、すべりまくりのポルトガル生活。

                   

                  そして...ポルトガルは第一戦で早々に負けてしまいました。

                  ますます、この表をポルトガル人が必要とするのかどうか怪しい状況になりました。

                   

                  ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

                   

                   

                   

                   

                   


                  泥棒市8月の申し込みのすったもんだ(1)

                  0

                    7月から挑戦してみる「泥棒市」の出店。

                    これを一度も体験せずして8月の申し込みをしないといけないというタイミング。

                    翌月の場所取りを前の月の1日にしなければならないのです。

                    そしたら、7月1日は日曜日で、役所系は休みではないか!! ってんで慌てた。

                     

                    電話してもポルトガル語がわかる人しか電話にでない、

                    英語が多少わかるポルトガル人に説明して電話できいてもらおうとしても、

                    このポルトガル人が理解しているのかなんなのか....それでも電話してもらって、

                    7月1日より前の営業日に行けばよいという話まで、ようやく昨日こぎつけて、今朝早くからでかけたのに....

                    その情報は違っていたのでした。ドボン

                     

                    たどりついた事務所の受付に英語のわかるひとがいて話をきいたところ...

                    私は1日が日曜日なのでどうしたらよいのかを悩んでいたのに、

                    なんと7月から事務所そのものが移転になるようなのです。

                    おそらく電話を受けた人達は、事務所移転の件で電話をしてきたと思ったのではないかと推測します。

                     

                    6/1に7月の申し込みをしたときに、7/1が日曜日の件を確認しなかった私も手落ちと思ったけれど、

                    毎月このタイミングで申し込んでくれればいいんですと説明した役所も、

                    翌月は事務所が移転となって別の場所になるっていう情報を私に伝えなかったのは手落ちじゃないんでしょうか?

                    もしかして1ヶ月前にはそんな話なかったんでしょうか?

                     

                    また7/2の早朝に新事務所に申し込みにいかなければなりません。

                     

                    紫色の桜

                    また紫の桜ネタ...
                    駅をおりて事務所に向かう時に撮影 (8:20)
                    南東に向かうので逆光

                     

                    紫色の桜

                    受け付け日が今日でなかったと知り駅に向かう時に撮影 (8:47)
                    電話ですむような質問に電車代300円ぐらいかけて30分の滞在... 

                     

                     

                    ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

                    JUGEMテーマ:海外進出


                    ゴミ屋敷キヨスク

                    0

                      荷物が片付けられなくて、ゴミ屋敷を築いてしまい、

                      その家の取材風景などを日本のテレビで見たことがあるけれど、

                      リスボンの中心地に、ゴミ屋敷がそのまま店になっているような光景に出会いましたぁぁぁ。

                       

                      東京で言ったら、銀座4丁目の交差点から歩いて10分みたいな立地なのに。

                      写真の女性が商品とおぼしきものを積み上げてるところでした。

                      この女性、絶対に「片付けられない人」だと思うんだけど、どうなんでしょ。

                       

                      リスボンゴミ屋敷

                       

                      ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

                      JUGEMテーマ:海外生活


                      キティちゃんポルトガルTシャツ

                      0

                        リスボン...マルティン・モニスの裏通り、キティちゃん入りのポルトガルTシャツと遭遇。

                        これ、ちゃんと著作権とか得て作ってるんだろうかと、国際的ジャーナリストモードでシャッターを切る。

                        デザイナーとしては、こんなにまで海外に浸透したキャラクターが羨ましくてたまらない。

                         

                        キティちゃんポルトガルTシャツ

                         

                        ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

                        JUGEMテーマ:海外生活



                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        31      
                        << March 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 紫色の桜並木
                          Madame
                        • シルエットデザイン
                          Sarah
                        • この豆なんていうの !?
                          Yuu
                        • ポルトガルから日本を見る
                          みずほ社漆畑です
                        • スーパーマーケットのカート
                          Yuu
                        • リスボンの野菜
                        • Arros Doce
                        • 果物の値段
                        • ガラスの捨て方
                        • ポルトガルの梨
                          Sarah

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM