スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.11.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ポルトガル-リスボン「泥棒市」第6ラウンド ...ご近所さんの話

    0

      1.帽子の叔母さん ...既に私が叔母さんなので、彼はお婆さんかもしれませんが

       

      初日、遅れて到着して大慌てで現場に駆け込んだ時、

      店の商品を蹴飛ばしてしまって大謝りしたその店の女性。

      (よくよく見たら、ラインを大幅に超えて商品並べてるし...

      他の人も蹴っ飛ばしてたので悪いのそっちじゃないの? とも思ったが...)

      私はその時の第一印象で「ピンクの帽子のおばさん」と記憶しているのだけど、

      毎回、行くと帽子の色が違う。

      今日はオレンジの帽子で、ピンクの帽子が商品として並べられていた...

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      彼女の右斜め前にピンクの帽子が見える...

       

       

      この女性は毎回向かい側あたりで店を展開しているのだけど、時々場所が違っている。

      左に見えるオレンジのポロシャツの男性は、毎回同じ場所で旧札だかを売っている中国人。

      8時に私が到着するときには既に店を開いていて、午後の1時にはいなくなっている。

      ...そして、その場所に「帽子のおばさん」が店を広げるのです。

       

      2.隣の叔父さん ...既に私が叔母さんなので、彼はお爺さんさんかもしれませんが...

       

      タイルの破片を大量(←私からみたら)に売りさばく隣の叔父さん。

      火曜日よりも、本日土曜日は客足がよくない気がする...

      (やはり、土曜日は海外からの観光客メインで、近隣のコレクターは来ないのか???)

      そのタイルの隣にあるお皿の方が、私には魅力的に見えて、

      自分の露店作りの時に描いた絵の感じに柄の描き方が似てるので、目にとまった。

      黒いラインで模様を描き、そこにピンクや黄色の色を少し載せるという方法。

      今月の私の描き方はこんな感じかなぁ〜と写真とりました。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      写真の右下にある3枚のお皿の柄の話

       

      3.キャリアウーマン風アフリカン

       

      前回古い食器など売っていた場所に、今日はアフリカンな女性が店を広げ始めた。

      (そうやって1ヶ月の権利を誰かとシェアしているんだろうか...)

      そのバタバタした様子が、初日の自分と重なって見える。

      というのも、決して早い到着組でない私より、彼女は遅く到着し、山のような荷物なのだ。

      露店出店で、何より素人くさかったのが、設置した洋服掛けが、ごっそり倒れたこと。

      ここは地面は斜めだし、多くのベテラン出店者は、

      なんとアスファルトの地面にハンマーとクイで穴をあけ、

      固定するという手法をとっていたりするのです。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)
      洋服かけが倒れないように手で抑えてるとこ(笑)
      この後、ロープで机にくくりつけてたよ。

       

      他の出店者に比べて、やる気満々な感じも伝わってくる。

      なによりも貧乏たらしい出店者が多い中、オシャレな服装をしている。

      扱っているものも衣類とあって、興味津々に観察。

      アシスタントのような若めの女性に色々指示している様子が、

      バリバリのキャリアウーマンのように見える。

      ファッション業界でバリバリ働きたい私が目指してるのは、

      ああいう姿なんだろうか...と、思ったりもするけど、

      おそらく、彼女はバイヤーかなんかで、デザイナーではないだろうなぁ。

      ひっきりなしに電話してるのも、仕事の電話に見えて仕方ないけど、

      この国にありがちな友達とのグダグダおしゃべりの可能性もあるな。

       

      左の白服が客、右の黒服がアシスタント風な人

       

      常に見ていたわけではないけれど、時々見ると女性達が群れている...

      この場所に限らず、日本にも、こうしたエスニックなカラフルな衣料品を扱う店はある。

      世界中、この手の服は、それなりに人気も需要もあるのかもしれないな。

      この夏空の下では、本当にマッチして見えるし。目を引く...

      私のグレーTシャツは負けちゃうんだろうか。

       

      今日のお絵かきは、そんな彼女の店の商品に感化されて、こんな感じでおしまいです。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

       

       

      ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

      JUGEMテーマ:海外進出

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.11.07 Wednesday
        • -
        • 22:27
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 紫色の桜並木
          Madame
        • シルエットデザイン
          Sarah
        • この豆なんていうの !?
          Yuu
        • ポルトガルから日本を見る
          みずほ社漆畑です
        • スーパーマーケットのカート
          Yuu
        • リスボンの野菜
        • Arros Doce
        • 果物の値段
        • ガラスの捨て方
        • ポルトガルの梨
          Sarah

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM