スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.11.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ポルトガル-リスボン「泥棒市」第5ラウンド

    0

      可能性のあるものをどっさり持ち込んだ初回 (火曜日)

      とりあえずメイン商品を並べてみた第2ラウンド (土曜日)

      店舗らしき形を作って見た第3ラウンド (火曜日)

      荷物を一人で運べる量にコンパクトにした第4ラウンド (土曜日)

      ...今回、第5ラウンドも、前回に引き続きコンパクト化とお楽しみイベント化の流れ。

       

      お楽しみイベント化というのは、

      露店会場を日常の息抜きになるような感覚で参加するようにすることです。

      今は、まだ、状況も読めず課題も多くて、メイン業務の大仕事のようになっているのだけど...

       

      ■パラソル問題

       

      前回、パラソルを斜めに置くと日よけにならないという課題があって、

      翌日極小サイズの140cmのパラソルを買い直しました。

      当初は、そんな素人店舗みたいにしたくない!! ビーチバラスルみたいでないものを!!と

      2mサイズのものを買ったのに、結果的にこのサイズ。

      ただ、色味がテーマカラーに近く、青と白のシマシマのビーチパラソルみたいではありません。

      極小サイズにしたのは、スーツケースにさしても倒れない重さということで。

      そして、日本に持ち帰って同じような露店実験をしようと思って、もう1本追加で買いました。

      ネットで探した限り、このサイズのバラソルは日本のサイトでは見つからなかったし、

      これならスーツケースに入れて持って帰れます。

      現実的な話ではないけれど...スーツケースひとつで世界中を旅して絵を描いて売って暮らす夢...を手にいれた感じです。(笑)

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      よりコンパクト化した店舗。
      パラソルの色,テーマカラーにあわせて、看板代わりの絵の色味のあうものに変えました。
      ビンクバラソルショップ...
      お店を広げる段取りもよくなってきました。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      Tシャツをどういう順番に並べるか...
      やっとそこまで考える余裕ができて、予定通りの位置に配置。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      午後になり、日の傾きが変わり...それに合わせてパラソルやらの位置も移動。
      坂道なので、スーツケースが転がってしまう危険あり。
      さしてあるだけのバラソルは、時々風にあおられて、凧のように舞いあがろうとする...。
      「Sachi-Tshirts-Studio」看板をやはりバラソルにさげることに。
      まったく売れる気配のないビンクバッグも飾りとして下げことに。

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      今回、現場でたらたら描いた絵は、これら...
      今度は少し、これらを飾ってみましょうか。
      左下...この店舗に関するメモそのものですね。

       

      ...実際、今日は何ひとつ売れませんでした。なぜでしょうか?

      パラソルが小さくなったから...ではないと思います。火曜日だったからのような気がします。

      相変わらず、タイルの破片をあさっている女子達がけっこうきました。

      彼女たちはリスボン に何かを探しにきた旅行者かもしまれせんが、外国人観光客ではないのかなと思います。

      観光客向けのTシャツだからなぁぁぁ

      日本からポルトガルに旅行の来る場合、少なくとも4,5日...1週間ぐらい目安なので土日は関係ないように思いますが、

      ヨーロッパ人は週末に海外旅行としてボルトガルに来るのではないか?  など推測。

      このビジネスには観光業のリサーチが必要かな? 

       

      泥棒市(Feira da Ladra)

      右奥に今回のビンクバラソル店が見えますが、
      この手前のオレンジバラソル店の場所が、8月の店舗の場所になります。
      ちなみに、このオレンジパラソル店は、なかなかお客が来てました。
      基本的に泥棒市の店は、だいたいこのような品揃えです。

       

      次回もこのピンクバラソル店携帯で様子みます。

      削りに削った感じで、自分としては基本的な骨組みがわかってきた気がしています。

       

      ▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

      JUGEMテーマ:海外進出


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.11.07 Wednesday
        • -
        • 19:52
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • 紫色の桜並木
          Madame
        • シルエットデザイン
          Sarah
        • この豆なんていうの !?
          Yuu
        • ポルトガルから日本を見る
          みずほ社漆畑です
        • スーパーマーケットのカート
          Yuu
        • リスボンの野菜
        • Arros Doce
        • 果物の値段
        • ガラスの捨て方
        • ポルトガルの梨
          Sarah

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM