スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.11.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    TukTuk Frango & Batata Barra

    0

      店で売り出したメニュー2品(チキンとポテト)の広告を作ってみました。

      (写真撮って、デザインして、印刷して...工作)

      プリンターのインクの問題もあって、微妙に色合いが予想に反しているのだけど...

      なんだかカレーのパッケージみたいに感じるのは私だけ?

       

      商品名も考えました。

      観光乗り物のトゥクトゥクにちなんだ「トゥクトゥク フランゴ(←チキンっていう意味)」

      音の響きから考えた「バタタ(←ポテトっていう意味)バーラ(←棒っていう意味)」

      セットメニュー名...「フランゴ ボース」「バタタ ボース」 の「ボース」は「ポケット」という意味。

      ポケットみたいな入れ物に入ってるのと、ポケットにいれるように、ちょっとつまんでみてくださいってところで。

       

      RB.CAFE
      商品名とか、キャッチコピーとか、もちろん広告デザインとか...
      そういうのって商品販売には欠かせない要素かと思うんだけど、
      売り手も買い手もほとんど、そういうことはどうでもいいみたいな...
      安けりゃ買うみたいな...

       

      RB.CAFE
      入り口に、道行く人の目にもとまるように
      三角錐の工作をして展示。

       

      RB.CAFE
      ...夜になりました。
      「美味しさ」より「安さ」のポルトガル人が店をのぞいたときに、
      「まず値段が目にはいるようなチラシ」を正面に設置です。

       

      ▶▶▶ Sachi-Studio.com はこちら !!

      JUGEMテーマ:海外進出


      カフェの生存競争

      0

        去年、我らがカフェの隣(は電気屋)の隣に新しいカフェができたのだけど、今回リスボンに来たら、その店はもう閉店になっていた。

        半年たらずで店を閉めてしまうことになったわけで、ライバル店として、我がカフェの勝利となった!! 

        という事なのかな?

        日本でもカフェを開業したい人は多いようで、その大半が閉店に追い込まれていると聞いている。

         

        リスボンには今だに小売店がいっぱいあって、半分ぐらいは年中入れ替わってる。

        東京の住まいの最寄駅は西武新宿線の野方だけれど、野方の街にもそんな空気はある。

        小さな資本で、個人が小売店を運営する...需要よりも夢を託してのことならなおさら、それは難しい。

         

        リスボンのカフェ
        閉店になった我らがカフェの隣の隣のポルトガル人経営のカフェ
        ロゴマークといい看板といい、業者にたのんで作ったものらしい...
        我らがカフェの手描き看板よりお金かかってそうなのに。

         

        Sachi-Cafe
        ちなみに、我らが手描き看板のカフェ
        バングラディシュのR.B.グループのカフェ

         

        リスボンのカフェ
        またまた...ちなみに別のバングラデシュグループの店(カフェじゃないけど)
        ノー看板です。
        我らがR.B.グループのカフェが生き残っているのは
        私の手描き効果のせいだと信じたい...

         

         

        ▶▶▶ Sachi-Studio.com はこちら !!   JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

          


        マイレージ

        0
          5月にバングラデシュに行った時、タイ国際航空のカウンターでマイレージについてきかれたので、
          何も手続きをしていないと言ったら、後日半年間の間なら手続きでると言われた。
          で、そろそろ登録しとおこうかとネットで調べたら、搭乗に関する手続きは半年間可能でも、
          マイレージカードは1ヶ月以内に作らなければならないような記述を発見。
          またも撃沈気分。

          タイ国際航空〜!! そこまで説明しておいてくれよぉ〜!!! 
          何かをし損なった感は、とりかえしのつかない人生を送ってしまったような意識につながり、後悔の嵐。
          あぁ〜打たれ弱い私。

          この私の状況から、私自身が少し距離をおこうと、マイレージ登録は後日に見送り。
           
          JUGEMテーマ:海外旅行 総合

          バングラ体験記

          0
            バングラ体験をベースにした小冊子を、身近な人に公開しはじめてます。
            「国の様子がよくわかる」と評判ですが、
            「絶対、バングラデシュなんて行きたくない」って言われちゃうんですけど。

            バングラ勧誘誌ではないので、そのへんの判断は個々にどうぞぉ〜なんでけど、
            もうちょっと、バングラが魅力的に映らないと世に出す意味がないかもなぁ〜
             
            JUGEMテーマ:海外生活

            部屋の模様替え

            0
              綺麗好きとか嫌いとか、そういう問題ではなく、部屋をきちんと片付けるのが好き。
              そうでないと、頭の中がグチャグチャになるから。
              部屋の体制を整えると、何をどうすればいいのか解りやすくなる。

              というわけで、部屋の模様替え。
              生活スペースと在庫スペースを分割させました。
               
              JUGEMテーマ:生き方

              バングラの写真

              0
                いやぁ〜良い写真がありませんな。
                ポルトガルの写真に感動してくれちゃった友達が、バングラの写真も楽しみにしているのだけど、
                絵になる風景もなければ、写真としても全然だめで…ブレブレです。

                最大の理由はガタガタ揺れる乗り物から撮った写真が多いこと。
                カメラを持ってるだけで、奇異の目にさらされ、
                なるべく鞄の中にいれておくよう指示を受けていたので、撮って慌ててしまうことも多く、
                しっかり構えて撮った写真がない。
                主に人々が面白かったわけだけど、その人達が、よい位置に止まってくれてない。

                デジタル一眼よりiphoneの方が綺麗にとれちゃってるって…どういうことだ?
                写真も勉強し直さなきゃダメかなぁ〜 なかなかノンビリした老後が始まりそうもないです。
                 
                JUGEMテーマ:アート・デザイン

                バングラ話

                0
                  19日ぶりにバイト先のコンビニに顔を出した。
                  「バングラデシュは楽しかったですか?」…全然。楽しくはなかったです。ただ面白かったです。

                  バングラの話は形にしてから見せようと思ってたのに、ポロポロ話してしまいます。
                  相手もポロポロ聞いてくるし。
                  話を聞けば聞くほど、行きたくなくなると言われてしまった。…だろうね。ほとんど苦労話だし。
                  これを行きたくなるような世界に作り上げるのか私の仕事です。
                   
                  JUGEMテーマ:アート・デザイン

                  航空機に忘れた荷物の行方

                  0
                    旅から戻って、荷物の整理をしました。
                    2週間の旅でしたが、2週間この荷物で暮らせたのなら、
                    本来これだけあれば、1シーズンは暮らせてしまうのではないかと思います。
                    じゃぁ〜、家にある何倍もの荷物はなんなんだ!? 
                    暮らすためのものではなく、
                    未来を作っていくための材料や道具だということにしておきましょう。

                    というわけで、すっかり片付け終わったんですけど、やはり図書館から借りた本は出て来ない。
                    チケットを手配してくれたHISに連絡したら、SKTS(株)03(6428)0378 という会社を紹介してくれました。
                    航空機が到着すると、清掃をして、忘れ物などを預かる会社だそうです。
                    便名とシート番号を伝えたら、そんなものは届いてないという。
                    別のところにお忘れなのでは? とでも言いたそうな口調だが、
                    届いてないのではなくて、謝って捨ててしまったのでは? と私は言いたかった。

                    「地球の歩き方/バングラデシュ編」…あれって雑誌みたいだし、バングラデシュ編は本当に薄い本なのだ。
                    読み終わった雑誌扱いで、捨てられてもおかしくない。。。
                    しかし、何を騒いでも、この会社にないのなら、どうにもならない。
                    買って図書館に弁償するようなのかな… すっかり疲れ果てたので、今日は図書館には電話しません。
                     
                    JUGEMテーマ:海外旅行 総合

                     

                    バングラ日記(21) 羽田空港

                    0
                      もう、ここはバングラデシュではない。
                      東京を立つ時、安っぽいエンターテイメントにしか見えなかった羽田の江戸町風のレストラン街、
                      なんて楽しそうな場所だろうと思ってしまう。バングラデシュにこんな空間は皆無だった。
                      行きに見れなかった空港内の「Tシャツ屋」を開店時間までねばって、なんとか見てから羽田空港をでる。

                      バングラデシュの祖末な服装や、時代遅れみたいな民族衣装を見ながら、
                      日本は本当に洗練されたものだと思っていたのに、そんなこともない。普通の人は普通。普通の人は普通にダサい。
                      バングラデシュに比べたら、日本はどんなに綺麗だろうと思っていたけれど、
                      統一感のない建物の乱立は、バングラデシュとかわらない。…なんで、アジアはこういう方向に進んでしまったのかな。

                      西洋文化をおいかけて…でも、東洋文化も中途半端に残ってる。
                      自分が東洋人の日本人だから、そう見えてしまうのかな。
                      ヨーロッバの町並みはどこまでも頑固にヨーロッパに見えるのだがな。

                      自宅にもどり気付いた…
                      この空港でタイ国際航空便をおりた時、図書館の本をシート前のポケットに忘れてしまったよぉ〜
                      この旅の最後の記述が、そんな話になるなんて… ただいまチケット会社からの連絡待ちです。
                      明日からは、この旅での体験や情報を整理する日が続きます。
                       
                      JUGEMテーマ:海外旅行 総合

                       

                      バングラ日記(20) スワンナプーム空港

                      0
                        日本からバングラデシュの直行便はないので、タイのバンコクを経由。
                        帰りもスワンナプーム空港に立ち寄る。
                        乗り換え時間が5時間… 
                        なんとダッカからバンコクに到着したら、まだ乗り換えの案内表示に乗るべき便の表示が出てなかった。
                        降りたとたんに、どこに行くべきか解らない。

                        有り難いことに、この空港、沢山のアート作品が通路に表示してある。
                        作品を写真にとり大きく引き延ばして壁紙にしてあるような感じで、実際の作品が展示してあるわけではないのだけど、
                        それを見て歩くだけでも、アートにふれることが出来て嬉しい。今回の旅、全く美術館に足を運べなかったしね。
                        そして、空港のあちこちに蘭が飾られている。

                        ミスタードーナツに入る。ミスタードーナツってグローバル企業なんだっけ?
                        オールドファッション風のドーナツに「Saku Saku」という商品名がついてる… なんか微妙に日本語。
                        日本語で「イチバン」と書いてあるお弁当屋さんみたいな店もある。
                        この微妙に日本の文化圏と重なってる感じが、
                        旅に出たというよりは「アジア圏内を動いているだけ」という意識にさせられる。

                        この空港には無料のwifiがあったので、
                        この5時間中は「バングラ日記」のブログでも打って過ごそうと、ログイン。
                        …が、この判断ちょっと間違ってた。無料で利用出来るのは2時間のみ。
                        本当に必要なのは、書いたブログをアップする時だけなのに、
                        家にいる調子でログイン状態でブログを書き続けていたよ。。。期限切れの手前で保存してなかったブログが全部消えた。
                        再度、アカウントをとれば、延長して使えるかと思ったらあまかった。
                        なんと言っても、パスポートナンバーと本名を入力しないといけないからな。
                        それとも…適当なパスポートナンバーや偽名、あるいは知人のナンバーと名前でも、アカウントはとれてしまうんだろか?
                        航空券を購入し、今、入国していることが管理された結果、アカウントがとれているんだろうか? そこまで管理してるんだろか?
                        …など色々考えてもはじまらない。期限切れの手前で保存してなかったブログが全部消えた。

                        行きも、この空港で乗り換え時間を5時間過ごしているけれど、
                        夜行便で到着するのと、昼の便で到着するのとでは、体力的に全然違う。帰りの便では時間をもてあましている。
                        boarding time の30分前に、やっと搭乗口に乗る便の表示がついた。

                        機内に乗り込むと隣の席はバングラデシュ人。
                        やはり同じ便でダッカから到着し、この空港で5時間グダグダしていたらしい。
                        彼はチッタゴンからダッカまで国内線を利用した流れで、そのままダッカを出ているので、
                        それはそれは長い旅なんだと笑っておった。

                        タイ国際航空…アメニティグッズがなくてガッカリ。それから、食事のメニューリストも配られない。
                        最初に出て来た軽食が、クルナから乗った国内線以下な感じでガッカリ。
                        サンドイッチをラップでまいてあるんだよね。なんか親にもたされたサンドイッチみたいだよ。
                        タイ時間で夜の10時45分にバンコクを離着…日本到着予定は、日本時間の朝の6時55分。
                        で、朝食が出て来たの…タイ時間の午前3時前、日本時間の5時前 …と、誰に焦点あててる朝食だ!?
                        …バングラデシュから出て来た自分としては、バングラ時間の午前2時前に朝食をとってるみたいな感じ。
                        朝食はいいから、もう少し眠らせてくれぇ〜!! 雲の上にいると日の出も早い。早々に朝になった。

                        無事、東京羽田に到着。
                         
                        JUGEMテーマ:海外旅行 総合






                         


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << December 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 紫色の桜並木
                          Madame
                        • シルエットデザイン
                          Sarah
                        • この豆なんていうの !?
                          Yuu
                        • ポルトガルから日本を見る
                          みずほ社漆畑です
                        • スーパーマーケットのカート
                          Yuu
                        • リスボンの野菜
                        • Arros Doce
                        • 果物の値段
                        • ガラスの捨て方
                        • ポルトガルの梨
                          Sarah

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM