スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.11.07 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「花子とアン」

    0
      朝ドラ「花子とアン」遅ればせながら見ておりますが、108話迄来ました。

      個性派女優のイメージがあったヒロイン役の吉高さんが、ものすごく「普通」で、
      親友役の仲間由紀恵さんに食われっぱなし。
      仲間さん演じる「蓮子」さんの一騒動が落ち着き、平凡で幸せな家庭に落ち着いた時点で、
      なんか話も一段落したような…追いかけるものがなくなったような… そんな気分になりました。

      ところで…蓮子の不倫を泳がせてた、女中頭の意図はなんだったのか???

      朝ドラをこうして続けて見ることが、今迄あまり記憶にないのだけど、
      15分毎日見るのと全部を続けてみるのとでは、見え方変わっちゃうんでしょうか。
      秘密だったことが、いつの間にか皆の知ってることとなってたりして、
      その「知れる」シーンがないのが、なんか気持ち悪い。

      蓮子の不倫を知っていながら、主人に通報しなかった女中頭の設定に、
      何の意味があったのかも、非常に気持ち悪いです。
       
      JUGEMテーマ:花子とアン


       

      映画「しあわせの雨傘」

      0
        あの大女優がジョギング姿で…という見出しに、なんだろうと思ってクリックしたら、映画がはじまった。
        「しあわせの雨傘」…これって、カトリーヌ・ドヌーヴだよなぁ〜と思ったら、当たってた。
        随分、映画鑑賞生活からも遠ざかっているけれど、彼女の美しさに本物を感じるね。
        しばらくぶりに見ても、歳をとっていても、カトリーヌ・ドヌーヴだと私が分かるのだから。

        この映画はコメディに分類されてるのね。全体的に普通に面白いし中年女性に希望を与えるかな。(笑)

        JUGEMテーマ:映画

        DVDハリーポッター『Harry Potter and the Prisoner of Azkaban 』

        0
          Illustration & Design
          Please check ●●●Sachi-Studio●●● at first.

          最近テレビでハリーポッターの映画をやっていたら、続きが見たくなったらしく息子がDVDを借りて来た。 
          『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』&『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』
          せっかくお金出して借りて来たなら、家族としては一緒に見ておこうという話。

          実は、ここまでは日本語版単行本でしっかり読んだ。日本語版発行が2002年あたりというのだから10年も前のこと。イラストレーターとして仕事を始める頃で、J・K・ローリングみたいにドカンと一発あたらないものかと思ったもんだ。
          というわけで、ストーリーはうっすら記憶にあるものの、『ハリー・ポッターと賢者の石』 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』の映画を今回テレビで見ていた訳でもなかったので、唐突に話が始まる…最近の英語学習の成果を確認したくて英語に耳をすませて字幕を読み落とす…なんだか話が良く解らない…
          息子が脇で「読解力がなさすぎぃ〜!! 」と言っている。
          映画を観ているんだから「読解力」じゃないだろ 
          脇で観ている息子は3度目の鑑賞となるのだから、そりゃ理解は深いだろうよ。プン!

          だいたい原作を読んだ後に映画を観るとたいていはガッカリするもんだ。2時間で読めない本を2時間の映像にまとめちゃうなんて!!そこには読書の時にはなかった映像ならではの「間」があるわけで…
          最後のタイムマシーン的な話の展開は覚えていて「最後がドラえもんみたいな話になるんだよね? ね? ね?」って脇の息子に話していたら、また字幕を読み損ねた。

          で、全体的にあまり有意義な時間の使い方ではなかったので、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を観るのは辞めました。

          JUGEMテーマ:最近みた映画

          "DIE HERBSTZEITLOSEN" (90th day since London)

          0
            《普通の日本人が頑張って書いてる英文》
            It means that I can rent 2 DVD by my free rental ticket.
            But I can rent only not new DVD, so I went to "unknown masterpiece shelf".
            I found only this movie... "DIE HERBSTZEITLOSEN" made in Swiss.

            Story is , in short, an old woman get her lingerie shop in the country.
            At biginning, I supposes it was ancient story because life style looked like very old.
            But I was surprised at mobile phones, words"inter net" in this movie.
            Thus, the country looks like ancient life.

            The interesting thing is 
            elderly adult wanted to get lingerie shop and middle age opposed this progressive plan.
            Yes, story is predictably. All village people understand their dream at last.
            But Last sean was different from what I expected.
            The old heroine's smiling face was more beautiful than young lady wearing lingerie!!
            It was nice movie.
            ================================================================
            《Japanese》 
            つまり無料チケットでDVDが2本借りられたってこと。
            でも新作は駄目なので「隠れた名作コーナー」に行ってみました。
            それで見つけたのがこれ「マルタのやさしい刺繍」スイス映画です。

            ストーリーを一言で言えば、婆さんが田舎に下着屋を開く話。
            最初、昔の話かと思ったのです、なんか生活ぶりやら古くさ〜い感じがしたからね。
            そしたら携帯電話とか「インターネット」なんて言葉が出て来て驚いたぁ〜。
            つまり田舎って古いって事なんだろね。

            面白かったのは高齢者が下着屋を開こうとしているのに、中年層が反対していること。
            もちろん話の展開は予想通り。最後には村人全員が彼らの夢を理解するの。
            でも予想に話していたのがラストシーン。
            下着姿の若い女性よりも主人公の婆さんの笑顔の方が綺麗だったこと!!
             良い映画でした。
            ================================================================
            JUGEMテーマ:映画
            ■■■SacHi-Studio■■■ http://members3.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/

            "Julie & Julia" (89th day since London)

            0
              《普通の日本人が頑張って書いてる英文》
              I had a free rental DVD ticket, so I rented this... "Julie & Julia"
              One reason why I choice are Meryl Streep, (Congratulations Academy award for best actress)  story about blog, and that is based on a real story.

              In short, the writer of blog became a professional writer.
              ...What will happen to me?
              Heroine said her mother is outside reader. 
              ... Really? I thought I wrote my blog in order to inform my existence to her.
              Comments to her are 60 in a day?
              (Everyone, How about sending me comment  for caring.)
              It seems that this affair was about 10 years ago.
              10 years ago, Blog writer could become a professional writer???

              Go back to my first objective!
              I am writing this blog in order to get English Skill every day!!

              But the typing of Heroine was faster than me!! (... Of course, she is American.)
              Very funny!!!
              ================================================================
              《Japanese》 
              DVDの無料レンタルチケットがあったんで、映画を借りてきました。「ジュリー&ジュリア」つうの。
              選択理由はグラミー賞主演女優賞おめでとう!!のメリルストリープが出てるのと、ブログについての話…しかも実話に基づいてるってとこ。

              言ってしまえば「ブログを書いてたヤツがブロのライターになっちゃいました」って話かも。
              …で、私がどうなるって?
              ヒロインが言うには母親は読者のうちに入らないんだってさ。
              …そうなのぉ〜? 私しゃ生存を母親に伝えるために書いているようなところがあったよ。
              彼女へのコメントが1日60通だってぇ〜?
              (皆さん、ここで気を使ってコメント送ってくれるっつうのはいかがでしょうか…)
              10年前の実話みたいなんだけど、10年前だったらブログ書いてるヤツはブロのライターになれたのか???

              初心に帰ろう! 私が毎日ブログを書いてるのは英語力を付けるためなのだ!!
              でも、ヒロインのタイピングは私より全然早かったよぉ〜(そりゃアメリカ人だもんな)
              おもしろくなぁ〜い!!!
              ================================================================
              JUGEMテーマ:映画
              ■■■SacHi-Studio■■■ http://members3.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/

              An Old, Moral Drama (66th day since London)

              0
                《普通の日本人が頑張って書いてる英文》
                I am watching piled-up DVD.
                It is "Little House on the Prairie DVD collection" published two times per month.
                I watched this issue released on December 27th in 2010.
                Timely article is important for blog. But this drama isn't  timely. Because it is in 2010? No, it is made in the 1970's. 
                It is an old, moral drama.

                This title is "The Winoka Warriors"
                There are 2 big boy. One is silly, the other is blind.
                At the end of drama, Blind boy got confident, Silly boy was deceived.
                It mean ... the cause for blind is fate, and the cause for silly  is himself ?

                Incidentally, I think, the cause for all of  fault is fate.

                ================================================================
                《Japanese》
                たまったDVDを見ています。隔週で出ている「大草原の小さな家DVDコレクション」
                今回の号は2010年の12月27日出版されたもの。
                旬な話題が命のブログだけど、このドラマの話題は全然旬じゃないね。
                2010年のものだから? いえいえ、これは1970年代に作られたもの。
                古くて道徳的なドラマなのです。

                今回のタイトルは「勇気を持って」
                2人の体格の良い少年が出て来る。一人は間抜けキャラで、もう一人は盲目。
                最後に盲目の少年は自信を持つようになり、間抜けな方は騙されて終わるの。
                う〜ん、それって、盲目は運命を背負ってしまったげと、間抜けは本人のせいだろうという事前提のもとに作られた話っつうこと?

                ちなみに、私はすべての欠点は運命だと思ってます。
                ================================================================ 
                JUGEMテーマ:海外ドラマ
                ■■■SacHi-Studio■■■ http://members3.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/

                映画『恋するバルセロナ』

                0
                  気分転換にテレビを付ける時は、洋画を探して英語を流している…
                  今日も、そんなんで洋画を探してたら、丁度はじまったところで、そのまま観てしまったよ。
                  ご存知か?『恋するバルセロナ』 …オープニングの音楽が耳に残る。
                  多分どこかで聴いた事がある、映画タイトルにも覚えがある…
                  ウディ・アレン監督・脚本の2008年公開のアメリカ・スペイン合作映画だと。
                  なんか期待できそぅ〜!!!

                  結論から言うと過激ですな。なんと男1人と女2人の愛人関係とは!! 
                  なんか3人でイチャイチャと暮してるんだわぁ〜 いや、そういう視点で見てはいけないわね。
                  その3人は芸術家という事になっている。「自分を芸術家だと思い込んでいるタイプの人間」なんて言われてるシーンもある。…それってSacHiOkudAの事!?
                  いえいえ、私はこんなぁ〜過激な暮らしは出来ませんことよ。
                  ここまで常識を越える生き方を追求出来るのが芸術家!? う〜ん。。。

                  なんか見た事あるぅ〜と思ったら、やっぱりモテモテ役のハビエル・バルデムって、
                  食べて、祈って、恋をして 』に出てた あの俳優だわね。
                  私としては食べて、祈って、恋をして 』でも微妙にいけてないと思ったのだけど、
                  こちらの映画でも微妙な感じのモテ役なのだ。
                  映画の中でも「ハンサムじゃない」と言われていたのに、何故か3人の女が彼に惹かれてしまうのだ… でも実際のところ、こういう男が本当にモテる男なんだろな。う〜ん。。。

                  で、この映画でペネロペ・クルスが、アカデミー賞助演女優賞をとったとな。
                  そりゃ美味しい役所だもんなぁ〜 
                  綺麗どころの女優さんが、狂気じみた演技をがつんがつんやったら、そりゃ目をひくさぁ〜
                  と、なんかひがんでるぅ!? う〜ん。。。

                  う〜ん。。。う〜ん。。。と、全部を自分と置き換えて考えてるSacHiOkudA。
                  そうさっ これが正しい映画の見方なのだ。

                  JUGEMテーマ:今日観た映画

                  SacHiOkudAのホームページも観てねぇ〜↓↓↓
                  ■■■SacHi-Studio■■■ http://members.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/

                  映画『ツーリスト』

                  0
                    旅行好きとしてピックアップした映画 『ツーリスト』
                    でも息子の父親が言うには「まっミーハー映画でしよ」ですと。

                    アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップを観に行くような?
                    アンジェリーナ・ジョリーは名前はよく耳にするものの、今日まで他の美人女優さんと識別がつかず、
                    「パイレーツ・オブ・カリビアン」のジャック・スパローのメイクを落としたジョニー・デップの方は、普通ぅ〜のさえない男風に登場して驚いた。

                    ストーリーは事件を軸に追っかけっこの騙しっこです。
                    ジョニー・デップの役が、ただの教師ではなく数学の教師だったので、スーパーミラクルを起こすというオチかと思ったら全然違ってました。なんでしょか。この私の勝手な思い込み。
                    …というわけで、最後のオチがチンプンカンプンになってしまったSacHiOkudAです。

                    JUGEMテーマ:今日観た映画

                    SacHiOkudAのホームページも観てねぇ〜↓↓↓
                    ■■■SacHi-Studio■■■ http://members.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/


                    映画『ウォール・ストリート』

                    0
                      息子の父親の誘いに乗って 『ウォール・ストリート』を映画館に観に行く。
                      いかにも叔父さんがセレクトしそうな映画。金融の話なんてわかんないよぉ〜

                      そもそも最近、映画といったら英語学習教材ですから、
                      まず英語が聞き取れるかどうかという観点で見てしまうのさ。
                      金融業界の取引を説明するシーンは字幕を読むだけでもややこしそうなのに、
                      英語が耳に入ってくると、日本語脳がシャットアウトされてしまって、字幕を眺めていても頭に入ってこなかったりする…ほらね、さっぱり解らなくなった。
                      しかもスビーディに取引が展開する様は、もう映像もめまぐるしくって眺めているだけでも、何のシーンだか解らなくなるぅ〜 その台詞、誰が誰に向かって何を指示てるのぉ〜!!!
                      まぁ見終わったら、隣の人にきいてみよっ! この映画の料金、私払ってないしぃ〜

                      取引に登場する会社の名前、登場人物の名前、場所の名前…なにもかもカタカナっていうのがねぇ〜 どれも同じように印象で区別がつかなかったり記憶に残らなかったり。
                      外人の顔が皆、同じように見えてしまうっていうのもね。特に脇役。
                      俳優に個性がないと、魅惑される以前に話が理解できなくなっちゃうのねん。

                      とはいえ、大筋はちゃんと解っているのですよ。
                      すんごく大きなバックグラウンドを持つ話のようで、絡み合うのはほんの限られた登場人物達。こんだけ同じ人が出て来たら、まぁ覚えるし、理解もするわな。
                      のび太が街で特定の人物にしか会わないみたいな展開。
                      きっと、金融業界ってこんなふうなんだぁ〜なんて思ってしまってはいけないね。
                      老けたなぁ〜と思ってたマイケル・ダグラスだって、やっぱり格好良いし、あんなん金融業界にめったにいないっしょ。…ちょっとリアリティにかける映画だったかな。
                      キャッチコピー→「この2時間は、あなたの資産になる。」って事はなかったです。

                      ※実は映画館で携帯電話を落としてしまい取りに行ったので
                       今日は2回映画館に足を運びました…

                      JUGEMテーマ:映画

                      SacHiOkudAのホームページも観てねぇ〜↓↓↓
                      ■■■SacHi-Studio■■■ http://members.jcom.home.ne.jp/sachi-studio/

                      ジョニーデップよりも…

                      0
                        またまた息子が映画のDVDを借りて来た。ついに映画に目覚めたか!?
                        つっても、借りて来たのが『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド』
                        映画通でなくっても見るわな。
                        で、最近ようやく洋画は字幕で観るようになったのに、
                        1作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』
                        2作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズチェスト』
                        を日本語吹き替えで見ていたもんだから、
                        俳優ジョニーデップの生声が、なんともしっくりいかないんだと。
                        息子の中では声優の平田広明さんの声が「ジャック・スパロウ」になってしまっているのだ。
                        う〜ん、これって声優冥利(みょうり)に尽きるんじゃない? 平田さん。
                        きっとそういう日本人いっぱいいると思うよ、よかったね。平田さん。

                        ちなみにSacHiOkudAは主婦してて、どっちの声でも観てません。

                        JUGEMテーマ:映画


                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        30      
                        << June 2019 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        • 紫色の桜並木
                          Madame
                        • シルエットデザイン
                          Sarah
                        • この豆なんていうの !?
                          Yuu
                        • ポルトガルから日本を見る
                          みずほ社漆畑です
                        • スーパーマーケットのカート
                          Yuu
                        • リスボンの野菜
                        • Arros Doce
                        • 果物の値段
                        • ガラスの捨て方
                        • ポルトガルの梨
                          Sarah

                        links

                        profile

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM